印鑑の種類

個人で印鑑を購入しようとする際、まず気を付けたいのはその種類です。印鑑を用意しなければならない場面は人生で多くありますが、せっかく準備していてもそれが求められている印鑑の種類と違えば無効となってしまいます。印鑑を今から購入しようという方は、まずどういう種類の印鑑が求められているのか、これから必要になってくるかというポイントをしっかり確認しておきましょう。

個人で印鑑には大きく分けて3つの種類があります。不動産購入、遺産相続、自動車などの大きな買い物をする際などの重要な契約に用いる実印、口座の開設、お金の引き落としの際に用いる銀行印、軽微な契約、申込書などの印鑑証明を必要としない場合に用いる認印の3つです。

この中でも特に重要なのが実印です。市区町村役場に印鑑を届け、印鑑証明を行った実印は1人に一本のみ認められ、ローン契約や公文書の作成などの重要な場面で使えるものです。また、同じように銀行印も銀行に印鑑を届けて登録を行うため、替えのきかない重要な印鑑です。これらに比べると認印は公的な証明の無いものなので、上記2つよりは気軽に取り扱えますが、日常で使用する頻度は最も高いため、その分自分の好みに合ったデザインのものを選ぶようにしたいものです。

印鑑を選ぼう

人生において印鑑が必要になる場面は多いです。重要な書類に捺印が必要なケースから、自宅への宅配便の受取サインとしてまで、印鑑の重要度は必要となる場面に応じて異なりますし、使える印鑑の種類もそれによって変わります。必要にかられて慌てて買いに行き、はんこ屋さんで自分の名字の印鑑がすぐに手に入らないことが無いように、印鑑について知り、自分に必要となるであろう印鑑は予め用意しておくと良いでしょう。

印鑑の種類は大きく分けると実印、銀行印、認印の3つで、それぞれ別の印鑑を用意しておくのが良いでしょう。なかでも実印は、公的にとても重要な役割を果たすものであるため、質の良いものを選ぶようにしましょう。また、印鑑の購入も最近では選択肢が広がっています。昔なら街のはんこ屋などに買いに行くことが多かったのですが、今はインターネットサイトを中心に通販での印鑑購入が一般的になってきました。取り扱っている種類も豊富です。気軽に買えるとはいえ、印鑑は慎重に扱う必要のあるものですので、購入する際には注意すべき点はしっかり押さえましょう。特に実印は万が一印面を複製されてしまえば大きなトラブルの元となり得ます。通販などで購入する際には特にそのような点で安心できるかという基準で購入するサイトを選びましょう。

当サイトでは、これから印鑑を買おうとしている方や、印鑑について知りたい方に向けて情報をお伝えいたします。お役立ていただけますと幸いです。。