印鑑の種類


個人で印鑑を購入しようとする際、まず気を付けたいのはその種類です。印鑑を用意しなければならない場面は人生で多くありますが、せっかく準備していてもそれが求められている印鑑の種類と違えば無効となってしまいます。印鑑を今から購入しようという方は、まずどういう種類の印鑑が求められているのか、これから必要になってくるかというポイントをしっかり確認しておきましょう。

個人で印鑑には大きく分けて3つの種類があります。不動産購入、遺産相続、自動車などの大きな買い物をする際などの重要な契約に用いる実印、口座の開設、お金の引き落としの際に用いる銀行印、軽微な契約、申込書などの印鑑証明を必要としない場合に用いる認印の3つです。

この中でも特に重要なのが実印です。市区町村役場に印鑑を届け、印鑑証明を行った実印は1人に一本のみ認められ、ローン契約や公文書の作成などの重要な場面で使えるものです。また、同じように銀行印も銀行に印鑑を届けて登録を行うため、替えのきかない重要な印鑑です。これらに比べると認印は公的な証明の無いものなので、上記2つよりは気軽に取り扱えますが、日常で使用する頻度は最も高いため、その分自分の好みに合ったデザインのものを選ぶようにしたいものです。